TAGLIATORE

Category : BRAND, GILET, JACKET, MEN

170105_tagliatore

イタリアンファッションの話題を独占

TAGLIATORE(タリアトーレ)は1960年代に創業したLERARIO(レラリオ)社が母体となり、二代目のPino Lerario(ピーノ・レラリオ)が立ち上げたブランドです。TAGLIATORE(タリアトーレ)はイタリア語で「裁断士」を意味し、両脇からウエストを絞った立体的なフォルムは卓越したカッティング技術に支えられています。さらに厳選した素材を使うことで、イタリアらしい、ファッションを楽しむ気質が注がれています。映画「バットマン」のワードローブも手がけたピーノ氏の異才が垣間見ることができます。

全てはピーノのクリエイティビティーから生まれる。

イタリアの最南プーリア州で誕生し、いまイタリアンファッションの話題を独占している「TAGLIATORE(タリアトーレ)」母体であるLERARIO(レラリオ)社は1960年代に創業し、2代目のPino Lerario(ピーノ・レラリオ)が新たなオリジナルブランドとして興しました、その魅力をひと言で語るとすれば、まさにピーノスタイルであるということ。トレンドを追い、マーケティング手動のファッションに対し、TAGLIATORE(タリアトーレ)はデザイナー自身のスタイルを全面に押し出しています。 ブランドネームはイタリア語で「裁断士」を意味し、ピーノの祖父のニックネームに由来しています。祖父はシューズのアッパーを裁断(タリアータ)する職人だったのです。両脇からウェストを絞った立体的なシルエットは卓越したカッティング技術に支えられています。さらに厳選した素材と組み合わせる事でクラシックテイストを醸し出しつつも南イタリアらしい柔らかさと力強さを演出しています。またパーソナライズできる”ということもタリアトーレの強みのひとつ、各バイヤーが好みの仕様にディテールを選べるシステムは、ボタンの種類であったりステッチや肘パッチの有無などが自由に選択できるのです。そこには人生を謳歌するのと同じようにファッションを楽しむイタリア気質が注がれています。

正規代理店 トレメッツォのTAGLIATORE注目ポイント

数年前よりイタリアのいろんなショップで見かけ、大変気になっていたブランドがこのTAGLIATORE(タリアトーレ)。何度もコンタクトを試みましたが、なかなか出会うことが出来ず・・・そんなすれ違いを経て、ついに日本上陸を果たしたTAGLIATORE(タリアトーレ)の話題ぶりは、みなさんご存知の通りです。PT01を日本に登場させた時を思い出します。

Tagliatore Web Site : http://www.tagliatore.com/

tagliatore_02

ジャケットのラペルを飾るラペルチェーン。ジャケットスタイルを、華やかにしてくれます。先端の片方はラペルホールに通し、もう片方は胸ポケットに入れて使用。モチーフを見せたい場合はモチーフが近い先端をラペルホールに通します。

tagliatore_011

Pino Lerario(ピーノ・レラリオ)は、TAGLIATORE(タリアトーレ)を1998年に創業。オーナー兼デザイナーのピーノ自ら、デザインも、パターンも、生地の開発まで手がける。同ブランドのアイコンにもなっている本人のイメージ同様、艶やかなスタイリングでありながら、イタリアンテーラードをベースとした本格的な作りで、イタリア国内にとどまらず、日本など各国で爆発的な人気を誇ります。

 

UOMO COLLECTION 2017 SS

深い青とエレンガントな白との融合、情熱的な赤と鮮やかな緑が織りなす表情が、今シーズンのコレクションの特徴です。
生地は他にはないTAGLIATOREらしいやわらかな質感で、素材への強いこだわりと高い技術が、軽さと包み込むような肌触りを実現しています。
ジャージ素材で表現したニット調のジャケットや、ハイクオリティな日本のデニムを使ったジャケットはTAGLIATOREの新たな一面です。
落とし込まれるデザインもさらに研ぎ澄まされ、定番のチェックやレジメンタルモチーフはシンプルだからこそ、より際立った存在感を感じられます。
フォーマルコレクションでは、イタリアの“地中海らしさ”を表現。
色彩の鮮やかさのみならずシャープなシルエットが、地中海の雰囲気を醸し出しています。
デザインから素材に至るまで、追及された細部への美しさが感じられるコレクションです。

Google+Pin on PinterestShare on FacebookTweet about this on Twitter

Category : BRAND, GILET, JACKET, MEN

Image is not available